債務整理後の生活【カード使用は不可能?】

債務整理をするとクレジットカードを作れなくなると言われています。

 

しかし、しばらくしたら作れるようになった、自分はそれでもダメだった、債務整理直後でも作れた、など情報は錯綜しています。

 

このように人によって違いが出るのにはきちんと理由があります。まず、債務整理の種類によってはその直後でもクレジットカードを作れる場合があります。

 

それは任意整理と過払い金返還請求を同時に行って、その過払い金の返還により借金を全て返せた場合です。

 

以前はこの場合も事故情報としてブラックリストに記載されたのですが、規定が変わり、過払い金の返還によって債務を完済できた場合は信用情報に記録されることはなくなりました。

 

よって、このケースではすぐにでもクレジットカードが作れます。次にクレジットカードが作れなくなるケースです。

 

自己破産や個人再生の場合、整理した債務を持っていた会社のクレジットカードは半永久的に作れなくなります。

 

重大な事故情報は、自社情報として記録され、ほぼ抹消されることはないからです。それ以外の金融機関や信販会社のクレジットカードは、時間が経つと作れるようになります。

 

自己破産や個人再生では10年後、任意整理や特定調停の場合は5年後が目安になっています。