債務整理のデメリット解説

債務整理にはいくつかの種類があり、それぞれに異なったメリットやデメリットがあります。
しかし、全ての債務整理に共通したデメリットがひとつあります。

 

それは債務整理をしたあとは、しばらくの間ローンを組めなくなるということです。
しかし、一定期間をすぎれば自己破産2回目を申請することも条件次第でできます。

 

債務整理はそれぞれ内容は違えど、基本的に借金の額を減額してもらうという手続きです。
これは要するにお金を借りたときの契約を守れなかったということですから、お金を貸した側の印象はとても悪くなります。

 

金融機関は貸し出しを行う際に審査を行っていますが、そのための情報を信用情報機関という会社から得ています。
過去に滞納や破産歴のある顧客は、この情報によって審査で蹴られてしまうのです。
金融機関はそうした過去の情報を参照するだけでなく、自社の顧客の情報も提供しています。
ほぼ全ての金融機関がこうした信用情報機関を複数利用しているため、あなたの借り入れ残高や過去の債務整理の記録はすべて信用情報機関に把握されているのです。

 

よって、債務整理を行うとその情報は信用情報機関のデータベースに登録されてしまいます。
このデータは数年経たないと消えないため、その期間は新たにローンを組めないということになります。

 

この期間は債務整理によって変化しますが、個人再生と自己破産は特に長く、最低5年、最長で10年経たないと消えないといわれています。