債務整理の賢い選び方ガイド|借金返済で失敗しないために必読

債務整理の方法によって、減額できる借金は異なります。全ての借金を無くしてくれる方法もありますが、そればかりではないことを覚えてください。

 

まずは任意整理です。これは簡単に借金を減らす方法ですから、そんなに借金が減ることはありません。

 

借金を適正な金利に戻して計算し、余計な金利分の借金は全て消滅します。またこれ以降に返済する金額についても、金利は発生しません。

 

従って返済金額が少なくなりますが、この借金を3年以内に返済することが要求されます。大量に借金が減るわけではありません。

 

次に個人再生です。個人再生では借金を一定額まで減らしても良いことになっています。その下限は100万円です。

 

5000万円以下の借金を抱えている場合のみ利用出来る方法ですが、かなり金額を減額することが可能です。多く減額しても5分の1くらいは残りますが、それでも借金額は大幅に減少します。

 

これを3年以内に返済すれば完了しますが、住宅ローンなどは対象になりません。

 

最後に自己破産です。自己破産したら、全ての借金を帳消しにします。その代わり自身の財産を手放すことになるのです。

 

借金自体は残りませんが、依頼料を支払わなければならない点に注意してください。しかし簡単に借金を無くすことができるのは事実です。