債務整理を弁護士に相談するメリット

自己破産を行う場合、弁護士や司法書士に申請を依頼するのが一般的ですよね。
自己破産は自分で行う事もできるのですが、裁判所に提出する書類を作成したりなど、法律に詳しくないとスムーズに行うのは難しいと言えるでしょう。

 

ですので、まずは弁護士や司法書士とった専門家に、自己破産の相談をする事をお勧めします。

 

専門家に依頼するとなると、気になるのが費用です。

 

自己破産の場合、弁護士に依頼すると20万円から60万円、司法書士の場合は15万円から30万円ほどの費用が相場となっています。
弁護士より司法書士に依頼した方が費用を抑えられる為、司法書士に相談したいという方も多いですが、自己破産をするなら弁護士に依頼するのがお勧めです。

 

弁護士は依頼人の代理人という立場になりますが、司法書士の場合は書類作成代理人という立場しかありません。

 

自己破産を申請すると裁判所で面接のような審尋を受けるのですが、司法書士は一緒に出廷する事ができないのです。

 

弁護士に自己破産相談したり、代理人という事もあり、一緒に出廷できますし裁判官からの質問も、弁護士が代理で答える事ができます。

 

また司法書士は140万円以上の借金は取り扱えませんが、弁護士には制限がありません。
ですので自己破産を考えている場合は、弁護士に依頼した方がスムーズに進むと言えます。