債務整理の後は住宅ローンは組めない?

債務整理は借金をきれいに整理することですが、もし債務整理した後に二度とローンを組めなくなるとしたら困ります、住宅ローンや車のローンといったものはローンを組まなければとても買えるようなものではありません。

 

若い時に一度債務整理したからといって住宅ローンを組めなくなったらマイホームはあきらめるしかありません。

 

実際のところはどうなのでしょうか、それにはまずローンの審査方法からご説明します、まずローンの申し込みがあると、信用情報機関という機関に照会することになります。

 

そこでは過去の返済の履歴や借入の履歴といったものが確認できるようになっています。
その情報と現状の収入等を加味して審査を行うことになります。

 

その信用情報に保存される期間はおよそ7年~10年程度と言われています。
といことは債務整理してから7年~10年程度たてば記録が消えるため、またローンを組めるわけです。

 

といってもそれでは長すぎるという方もいらっしゃるでしょう。

 

実際はこの信用情報はあくまでも参考情報ですので、絶対ローンが組めないというものではありません。

 

金融機関によっては債務整理をしたという情報が残っていてもローンが組める場合があるようです。

 

個人再生ローンのケースはこちら。